キービジュアル

注文住宅 ? 地震対策について ?

地震対策の必要性について

家族の安全の為に、備えをする必要があります。

  • 「この地域に限って」とお考えの方
    巨大地震の発生確率を考えた場合、必ず何らかの備えをする必要があります。
    阪神・淡路大震災で亡くなられた方の、8割が住宅の倒壊で死亡しています。
  • 「地震保険があるから」とお考えの方
    地震保険の保険料は高額であるにも関わらず実際に支払われる保険金は完全復旧できるものではありません。
    また、安全が保証されるものではありません。

地震対策を行うと、
生命の危険度の軽減や地震後の修繕費用も最小限で抑えることができます。

  • 鏡不動産の注文住宅はココが違う!
  • 鏡不動産では、ワンランク上の安心を提供できる制震技術GVA(ジーバ)を導入しています。

制震技術GVA(ジーバ)とは

まず、各耐震技術を比較してみましょう。

地震対策 耐 震 制 震 免 震
仕組み 建物を硬く固定し耐える工法建物を硬く固定し耐える工法 一部を可動式にし揺れを
吸収する工法一部を可動式にし揺れを
吸収する工法
建物ではなく土台自体を可動させ揺れを吸収する工法建物ではなく土台自体を可動させ揺れを吸収する工法
地震による
ダメージ
軽減 ほぼなし
導入コスト 無 安価 高価
定期点検 無 不要 必要

「安価」で「定期点検が不要」かつ、「地震の揺れを軽減」できる、GVA(ジーバ)制震工法がお勧めです!!

制震技術GVA(ジーバ)とは

住友スリーエム社製

都庁などの超高層ビルで活躍している制震技術を住宅に応用
地震エネルギーを吸収する「エネルギー吸収体内蔵制震ダンパー」の可動部分が弾力的に伸縮することで、 地震エネルギーを熱エネルギーに変換して吸収します。
約7?8℃の熱を放出しながら建物の揺れに“ブレーキ”をかけます。その効果は大きなダイヤモンド型ユニットを通じて建物全体に伝達し、

制震技術を住宅に応用の仕組み

地震の揺れを50%以下に抑えます!

つまりGVA(ジーバ)は、

  • ローコストで導入できる
  • 地震に対し繰り返し安定した効果を発揮できる
  • 大地震後の補修修理も軽減できる

完全自由設計の家創り

お客様の「こんな家に住みたい!」を、様々な組み合わせで実現致します!

▼各項目をクリックすると詳細ページへ移動します。

PAGE TOP