キービジュアル

注文住宅 ? 内装について ?

内装(床材・壁材など)の役割について

住まいの安全対策

安心で快適な生活を営むために、日ごろのメンテナンスのしやすさや、
万一に備えた対策も考慮して、プランの段階から検討し、進めていきます。

内装デザインを決める際のポイント

3つのポイントで選ぶことをお勧めします!

  • ポイント1:「心地よい」快適性
    日本では、室内は素足で生活する習慣があります。季節の温度差も大きく床材や壁材は、快適性ととても綿密な関係にあります。 心地よい生活のためにも、快適性を考えて選ぶことをおすすめしています。
  • ポイント2:「安心と快適さを感じる」機能性
    内装の素材を選ぶ上で、大事なポイントはたくさんあります。
    例えば、「丈夫であること」「水に強いこと」「滑らないなどの安全性」「防音」などです。
    優先順位は場所によって変わってきますが、安心のある快適な家にするために、機能性を考えた素材選びをおすすめしています。
  • ポイント3:「色をうまく使った」デザイン性
    例えば、下から上に濃い色から薄くしていくと、天井が高く感じ開放的な印象を持たせることができます。
    また、同一系の色合いの素材であれば、落ち着きのある空間を演出できます。
    左記の「快適性」と「機能性」に加え、デザイン性も考慮して内装を考えていけば、誰もが「居心地の良い」家を創っていけます。

壁紙(クロス・塗り壁)の種類と特徴について

クロス

クロス写真

説 明 現在、居家空間でもっとも多く使われており、ビニールクロス・紙クロス・
織物クロス・珪藻土クロスなどの種類があります。
長 所 ●比較的安価 ●バリエーション豊富 ●耐久性と清掃性に優れる
短所 ●はがれやすい ●部分的な補修が困難 ●独自の臭いがある

塗り壁

塗り壁写真

説 明 日本の気候・風土にも適応しており一般的に調湿・耐熱・防火・防音性などに優れる。 塗り壁作業写真
▲左官職人さんの施工風景
長 所 ●吸放湿する性質があり温度を安定させる
●一定期間臭いを吸収することができる
●不燃性の材料の為、防火性が上がる
短所 ●汚れがつきやすい
●掃除が困難
●すれに弱く補修が困難

完全自由設計の家創り

お客様の「こんな家に住みたい!」を、様々な組み合わせで実現致します!

▼各項目をクリックすると詳細ページへ移動します。

PAGE TOP